大規模サイトと中小サイトの違い

売上が数百億、数千億という大手企業ならば、効果が数%変わっただけで数億円単位で変わるものです。

だから人材の育成やシステムの改修、しっかりしたコーポレートサイト制作や多量のコンテンツ制作などといったWEB制作にお金をかけても十分に利益がでるかと思います。そのような大手にサービスを提供するならば予算も組んでもらえるかと思います。そうなれば業者としても腰を落ち着けてじっくりと開発や分析ができ、よいサービスが提供できるのだと思います。

WEB制作と切っても切り離せないのがSEOです。検索で上位に表示されることで、さらなる収益に繋げることができるビジネスは少なくありません。

SEO業界は外部対策から内部対策に切り替えをしようとして、大規模サイトで研究されている内部対策の情報を利用しているそうです。けれど、予算が十分にある大規模なWEBサイトは限られており、ほとんどの業者は中小サイトにサービスを提供するということになるかと思います。

使える予算や規模が違うのに、大手と同じようなサービスでは効果がでるかどうか甚だ疑問といえるようです。予算の面は、大規模サイトの方法論を中小規模のサイトに持ってくるのには無理がかかってくるようです。

まず人員ですが、大規模WEBサイトで要した人員数はかなり縮小しなければならないと思います。中小規模のWEBサイトには対策するべきところも多いといいます。もちろんSEO対策だけに人員が避けるわけでもなく、経験豊富なSEOコンサルタントはそのキャリア故に彼らを使いこなせないという弊害もあるそうです。長く通用するという大きな対策を柱として、細かいことよりもできることを追求することが大切のようです。

最近のWEB制作では、サイトを新規に作成するときかSEOを視野に入れるのが基本です。その際、大規模サイトで通用しても中小規模のサイトでは通用しないことも多くあるそうです。中小サイトにあった方法論を見つけるべきだそうです。予算の面、サイトのパワーといったことをもう一度考えるべきだそうです。