サイトに使う画像を作成

画像をPC上で手軽に作成できるツールとして、ペイント系ソフトがあります。ペイント系ソフトというのは、デフォルトの状態で一定の画像処理機能を装備しているものとされており、こういった機能を「フィルタ」と呼び、このフィルタによるレタッチのことを「フィルタ処理」と呼んでいます。

「アンシャープマスク」というフィルタは、元の画像の輪郭部分のコントラストを高くする役割を持つフィルタで、端的に言うと画像をシャープにするといった効果を得ることができるでしょう。

「エンボス効果」というフィルタは、元の画像のネガとポジをずらして加算することにより輪郭をはっきり生み出し、レリーフみたいな立体感を持ったグレースケールの画像を作るといった役割を持っており、立体感については、画像を盛り上げたり押し下げたりすることで出していくのが一般的と言えるでしょう。

「モザイク効果」のフィルタは、画像を構成している画素情報の量を少なくし、連想的に形を認知させるといった効果があるでしょう。この効果は複数の画素で成る小さな形を一つの構成単位とし、それを同じ色で塗りつぶしたもので画像全体を再構成したもので、色を決定する際には構成単位内の平均値や、構成単位内にある画素の色といったものを用いることが一般的と言えるでしょう。

【Golden Crackle】金のSEO対策のトップへ