大規模なWebサイトの担当者はSEO対策を考えていないという話をされるそうです。それは彼らが多量のWebページを持ち、かつ検索エンジン側から気をつけるようにいわれたことを取り入れてページをどんどん作るということに専念できるからともいえるようです。

ページが量産できない中小企業には無理な話となってくると思います。

裏技が使えない現在、中小規模のサイトには打つ手がないのかというと、そうではないそうです。検索エンジンが何を検索しても大手しかヒットしなければ、自分の好きなWebページをブックマークして直接いくことと同じになってしまうかと思います。そうなると検索エンジンの必要性も怪しくなってくるかと思います。検索エンジンの価値というのは、利用者が知らないような情報にも導けるようにすることにあると思います。

そうなると、大規模サイトばかり上位にくるようではその価値も下がってしまうということだと思います。大規模サイトだけが高い順位を独占することのないように、中小の規模サイトも上位にくるようにしなくてはならないと思います。

サイトの規模や知名度、利用者数などで負けていても、しっかりと評価してもらえる可能性はあるそうです。もちろんWebサイトの規模は大切だそうです。

ただ、それだけによらないでも、十分な成果があげられるそうです。

それには、良いものをより早く、より正確に伝えるということをしなければならないそうです。検索エンジンというのは最短で利用者に情報を導かなくてはならないと思います。検索エンジンが良いと評価するものというのは、結局利用者が求めるものと言えるようです。

これからのSEO対策というのは徹底して、利用者が求めるものを提供していかなければならないといえるようです。