内部対策をコンテンツ制作と検索エンジンにより早く正確に伝えるための適切なシステムを分けることで、コンテンツ制作を利用者に渡し、システムを低価格で提供するということをすれば、低コストえ持続可能なサービスが可能となるそうです。作業負荷が小さな方法でコンテンツを制作できて、低いコストで適切なシステムを利用することができるならば、サービスを利用する人々からは歓迎されるといいます。

対策を長期間継続できて、成果の総計が飛躍的に大きくなる方法だからです。ただ、サービスを提供する側からすると、ノウハウを渡すことは仕事を失うことにもつながるといえるようです。また、システム利用料の低価格化で定期課金による収益が下がってしまうともいえるようです。

利用者にとって長期間継続できる低コストなサービスは、提供業者にとっては一社あたりの売上が大幅に下るということになり、利用者が爆発的に増えない限り大儲けということにはならないようです。

サービスを提供する側にとっては、利用者がコンテンツを制作できない方がいいに決まっていると思います。

作業負荷が大きくて頼ってもらえたり、専門的な作業をしなければならないような定期的な仕事を残しておいた方が儲けにつながるかと思います。

システムにしても、他社との比較からランニングコストをあまり上げることができなくても、バージョンアップなどの新しい技術の登場や変更のたびに作業が発生することで、定期的な売上が見込めるということになるそうです。

情報格差というのがあまり売上に反映されない業界のため、どちらかというと大きな投資をして利用者が利用できるようなシステムを開発するよりも、ずっと業者に頼ってくれた方がいいと考えているそうです。