外部リンクの効果が低下してしまっている現在、内部対策に移行せざるを得ないそうですが、知識のない販売員やコンサルタントの存在が方向転換を難しくしているそうです。

Webサイトを強化する内部対策となると、さまざまな知識が必要となるそうです。サイトを運営するというのは、身につけるべき知識はやまほどあるそうです。サーバやシステムの知識、コンテンツを制作するライティングの知識やノウハウ、検索エンジンに早く正しく伝えるプログラミング、サイトを改善するためのアクセス解析、問題が起こったさいのペナルティ対応などさまざまのようです。高い成果をあげるために、SEO対策の知識だけではなく、利用しやすい導線設計、要素の配置、画像や動画の作成の仕方、さまざまなツールの利用方法などの知識も身に着けなければならないそうです。

内部対策をおこなう人材と考えるととても高度な専門知識が必要ということになるようです。こういう人材を育成したくても、これまでのような販売コストを抑えて利益をあげてきた業者には難しい話となるそうです。

人件費を抑えるための人材採用をしてきたともいえるそうです。

基礎知識がないために育成したくてもできないということも起こっているようです。今までの外部対策で大きな利益をあげてきた大手ほどこの方向転換は難しいともいえるようです。正しい内部対策というのは、一部の大規模サイトを提供する企業の中でだけ分析されてきたそうです。

そして中小規模のサイトでも内部対策が必要となった今、大手の手法をそのまま使えるのかという問題もあるようです。正しい内部対策というのはとてもコストがかかってしまうもののようです。