利用者のためのサービスであってしかるべきなのに、販売する側が知識不足が業界の足を引っ張っているという人もいるようです。

特にSEO対策関連となると、営業マン、コンサルタントとHTMLやCSSなどのWebサイトの構築のための言語を記述できないといったことやブログすら作ったことがない人までいるそうです。

急激に拡大した業界のために人材育成が追いつかないというのが現状のようです。特にSEO業界は、今までは外部リンクを貼り付けるだけで効果を発揮していたために、Webサイト自体になんら手を加える必要がないということで、営業マンやコンサルタントは、サイト自体の分析をする必要がなかったというのも問題のようです。

また、より早く人材を確保するために、営業マンに専門的な知識を要求しにくいといったこともあるそうです。

また、安い人件費を維持するためには教育にお金をかけることができないという考えもあったようです。その結果、サービスを提供する人たちは、お客様第一を考えていても、技量が足りないというジレンマに陥る場合も多いそうです。

適切な改善ができないまま不適切なサービスの維持や拡散をおこなうことにもなってしまったそうです。

SEO対策に従事する人たちの知識不足を解消しなければ、SEO業界がWebサイト自体を分析して改善するという本来のSEO対策へ一向に移行できないということにもなってしまうそうです。

まずは人材育成から初めなければならないといえるようです。

利用者が知識を獲得して、業者の選定やプロジェクトをおこなう場合の抑えるべきポイントを、サービスの提供者側に渡すということも必要となっているそうです。サービス利用者の成功には、利用者の意識も変えたほうがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です