SEO対策とはWebサイトを人に見てもらうようにすることだそうです。

Webサイトを見てもらうには直接Webサイトの存在を教えたり、有料で施策を利用したりしないといけないといわれているそうです。

そういったことを利用しないでWebサイトを見てもらうようにするには、Webサイトをグーグルなどの検索エンジンの上位に検索結果を表示させる技術が必要だそうです。Webサイトというのは作成して終わりというわけではないそうです。

その後の運営にこそお金がかかってしまうということで、その費用を抑えるためには更新管理するためのシステムが必要となってくるそうです。

飛躍的に技術が進歩したことで、専門知識がなくてもSEO対策を施すことができたり、更新管理ができたりするシステムもあるそうです。

ですが、このような機能を備えたWebサイトは納品してしまうと追加の売上にはつながらないそうです。そのため、機能の不足したようなWebサイトを造りそのまま納品するといった業者も少なくないそうです。

そのため市販のWebサイトなどを使って低コストでWebサイトを作成して、非常に安い価格で納品した後に、SEO対策費用や更新管理費用の名目でアップセルを行ったほうが大きな売上を上げることができるそうです。どうしても安くSEOをやりたい方は、一度、格安SEOで有名な東京SEOメーカーに相談するといいかもです。その上開発などの投資リスクも小さいということで、企業の戦略として採用されやすいそうです。

中小企業向けの低価格帯のサービスでは、替刃カミソリやインクジェットプリンタと同じように交換部品で売上を上げていく商売が主流となってきているそうです。その上、専門知識がないとWebサイトの良し悪しなど納品前に判断できるわけもなく、今でも効果が期待できないようなWebサイトを販売している業者も多いそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です