Webサイトというのは、多くの企業や個人を助けて、成功に導けるものだと思います。ただ、まったく役に立たないツールとして認識されてしまっているところもあるそうです。

ただ、ここにビジネスチャンスもあるそうです。

正しい認識を業者自体に持ってもらうようになり、利用者を優先するサービスとなれば、Web業界は大きなチャンスがある世界といえるそうです。検索エンジンに関して、その技術が未熟だったということと簡単に実行できる未熟さに検索エンジンを騙す手法と低リスクで利益を上げるということがとても親和性が高かったそうです。

裏技のようなものばかりがはびこってしまって、本質的なことを考えていかなかったせいで、目覚ましい進歩を遂げた検索エンジンにSEO業界がついていけなかったということになったそうです。予算的にも手法的にも難しいことを何十億も稼ぐことができる大規模サイトと売上が数千万円以下のサイトで同じような手法をSEO業界では語られているというのが問題だそうです。

このような状態ではWebサイトとSEO業界は信頼を失うばかりだそうです。

現在、Webサイトを提供する業者に対して世間の警戒感や嫌悪感は凄まじいものとなっているそうです。効果のないサービスというのは、誰だって使いたくないと思います。過度な営業に半ば騙されたようになっていたり、専門知識がないためにわかりにくいサービスとして距離をとる人も多くいるそうです。

中小規模のWebサイトでは問題のあるサービスも少なくないとそうです。問題のあるサービスで一度でも失敗してしまう人が多くなるほど、SEO業界の未来も暗くなってしまうかと思います。信頼が重要な業界だからこそ、誠実な対応が求められると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です