個人向けビジネス

ビジネスには法人向けビジネスと個人向けビジネスとがありますが、この個人向けビジネスのことをB to Cと呼んでいます。個人向けビジネスは消費者の行動予測が何よりも大切で、その予測をもとにサイトを制作することになります。具体的にはターゲットのライフスタイル、年齢、性別等から考えられる行動を予測してそれに対応するのですが、中小企業にとっては法人向けビジネスよりも始めやすいという特徴があります。何故なら、中小企業に対して発注する企業はあまり存在しませんが、個人の消費者ならフィーリングが合えば購入してくれるからです。ポイントは、消費者が一目で欲しくなる商品、サービスを提示することです。要は閲覧者が衝動買いしたくなるようなサイトを制作すればよいのです。一般に訴求力のあるワードとして知られているのは、「限定」「品薄」「人気」等になります。これらの単語を目にすると、不思議なことに購入意欲が増すのです。その他にも、「お客様の声」「スタッフ紹介」等がアピールポイントになることもあります。どのような企業のサイトなのかを知ったり、他の購入者の声を知ったりすれば、抵抗感なくクリックできるものです。以上、個人向けビジネスのコツを説明してきましたが、望ましいのは法人向けビジネスとの合わせ技を展開することです。どちらか一方に心血を注いでしまうと、全体の利益が下がる可能性があるからです。個人向けも法人向けも、メリットとデメリットがあります。それをよく理解した上で、最適なバランスで提供すれば、利益は最高になるはずです。