既Webサイトの更新で行う現状把握

Web制作依頼で既にベースとなるWebサイトが存在している場合、提案時必要となる現状把握のポイントを考えてみましょう。

変更していく方向性を決めるためにも、まず取り組む必要があるのは、既設Webサイトの現状調査。

全体的なものとして考えられるのは既Webページのレイアウトに関する各要素や構成システムの調査、対応しているチームの体制や更新に対するが取り決め、メインサイトや関係サイトの調査、ユーザーの傾向と更新後の変化予測。

いっぽう既サイトで作成された設計書をはじめガイドラインや手引書といった各種資料類。これらの調査分析が既設Webサイトが存在している場合にまず取り組まなければいけないと考えられる事項とされています