WEBサイトを作るしくみ「HTML文書」

WEBサイトを閲覧している最中のテキストが青く表示されている部分を、タッチパネルで触れたりマウスでクリックすると外部サイトに接続されることを「リンク」と呼びます。HTML文書でのリンクタグは<a>で表せられ、リンクタグで指定されたサイトに飛ぶことができるようになります。リンク先を別のウィンドウに表示することもしないこともHTMLの設定によって変更することができます。リンクのタグは文字のテキスト内だけではなく、画像に使用することで画像をクリックするとでリンク先に飛ぶこともできるようになります。HTML文書の理解はサイトは難解なソースに感じましてもHTMLのタグの働きを知ることでインターネットのしくみが少しずつ紐解かれていくのではないでしょうか。